« 共同作業 | トップページ | 学びと生きがい »

2006年11月 9日 (木)

地域食材

21世紀の町づくり・人づくり・環境づくり をキーワードに

森公苑でのさまざまな学びの一つ 今日は山形大学教授からの

伝統作物を生かした地域づくり の講義でした。

 「在来作物」とはなんぞゃ! と 山形の食材紹介

__119 佐藤錦のサクランボ

これは まさに 有名だわ (^_-)

__120 西洋梨(ラフランス)

生みの親はフランス

育ての親は山形

__121 蔵王嵐の

寒風で

吊るし柿

谷沢梅・タダチャ豆・かぶ・小ナス・雪菜のふすべ漬け等々の紹介

ふる里の季節空気を感じさせてくれる作物を栽培し生産され それを

利用していく年間メニューの整備を・・・ 当地での丹波ファンを増やし

地域の人々で 地域の未来を作っていけるのでは・・・ と。 

我が土地 固有の 「在来作物」 安全で安心な食材として

これからも利用していけるよう 考えさせられたのでした。

|

« 共同作業 | トップページ | 学びと生きがい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139481/4127708

この記事へのトラックバック一覧です: 地域食材:

« 共同作業 | トップページ | 学びと生きがい »