« 未熟につき | トップページ | 事始め »

2006年12月12日 (火)

寄せ植え

公民館主催の教室 月一回 庭木の剪定講座でした

新しい年を迎えるべし玄関用に 松竹梅の寄せ植えを。

__148 それぞれ植物の居場所を考え、

水分をふくませた砂土で固定し

セメントを煉ったような 真っ黒ねばねばの

「化土」をコテで塗りつけ苔を乗せていった。そのねばねば土は

苔と植物がピッタリと寄り添い栄養満点 ふか~い地中の下から

の贈り物らしい。 後は水分管理だけで良し!  (^^ヨカッター(^^)

庭木の管理に付いては、害虫には「ダイロストン」の薬剤を根元に

肥料には、油粕と粉骨を、後者が特に大切だとか。

梅の花が終われば笑窪の上で剪定しておけば、新しい枝が伸び

次の年には花を付けてくれるらしい。予防するときには予防し、

栄養を与える時には与え、適切な剪定をしておけば 

必ず結果を出してくれるものです と__149 教えられたのでした。 (=。_。)

川の波に見立て 

出来上がり~~ (^^♪

|

« 未熟につき | トップページ | 事始め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139481/4524446

この記事へのトラックバック一覧です: 寄せ植え:

« 未熟につき | トップページ | 事始め »