« サツマイモ堀 | トップページ | 収穫の後 »

2008年9月17日 (水)

暦どおり

栗畑の下草刈り後早々と雑草が伸びてきたかなぁーと眺めてる

足元にスクッと突っ立ってる「ヒガンハナ」の蕾にびっくりヾ(^_^

いつの間にか成長しお彼岸がそこに来た事を知らせてくれる

日中は秋の訪れどころではない暑さの昨今なのに 暦通りに

咲き出す植物時計の不思議に改めて感心するのでした。 

Photo 花言葉ー「悲しい思い出」ー

別名「カジバナ」・「ハカバナ」・

「ユウレイバナ」・・・とも。

「マンジュシャゲ」の呼び名が良いっす!

球根に毒があるらしく、モグラなどに畑・田圃を荒らされないように

畦に植えられたのが始まりだとか・・・  真っ赤に彩られる

あぜ道の里山風景は季節を伝える筆頭植物かも。(´ー`)/~~

|

« サツマイモ堀 | トップページ | 収穫の後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139481/23817937

この記事へのトラックバック一覧です: 暦どおり:

« サツマイモ堀 | トップページ | 収穫の後 »