« 発掘作業 | トップページ | 山の土 »

2010年1月20日 (水)

昔昔歌う

随分昔 音楽部で歌った事を思い出す曲に 「流浪の旅」がある

今年のコーラス練習曲に取り上げられ今日も昔々に還った心地す。

あの頃から何十年も経ち口ずさむ事さえなかった歌が未だに歌詞の

意味も解からないまま スラスラと出てくるのに我ながら感心!

♪ 厄難はらう祈言 語り告げる嫗あり 可愛し乙女舞い出でつ 

    松明あかく照り遍る 管弦のひびき賑わしく 

     つれたちて舞い遊ぶ~  いずこ往くか流浪の民~♪

改めて歌詞を文字として打ち出すにも読み方解からず・・・

でもでも 手書きパットなるもので探し出せるパソコンの威力

もうちょい進んで 歌う音声から歌詞が文字に代わると尚

よろしいのですが・・・ 昔々の事 歌詞を理解できなくとも 

三部合唱で披露できたものだと改めて振り返ったのでした。

|

« 発掘作業 | トップページ | 山の土 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139481/33063501

この記事へのトラックバック一覧です: 昔昔歌う:

« 発掘作業 | トップページ | 山の土 »