« 箱の中から | トップページ | カボチャ »

2010年10月27日 (水)

古都

美術愛好の友の会から「秋の美術館めぐり」に出掛ける。

早朝の気温一気に秋を飛び越え、急きょ冬支度で奈良ヘ・

始めに県立美術館での「花鳥画特別展」では中国・韓国の

美と日本の作品を併せ展示、両地域と日本の美術の深い

関係を知る。 次に平城宮跡へ、広~い跡地を人並みに続き

延々と歩く、田舎を出た時の曇った寒い天候もなく青空の下

絵葉書の如く「大極殿」がデジカメに撮れていました。

Photo

当時天皇の即位式ゃ外国使節との謁見など国のもっとも

重要な儀式の為に使われていたそうな。

ホテルでの昼食後、薬師寺へ、薬師三尊像の国宝の側で

ユーモア交えられた法話を聞き、重要文化財を観て周る。

奈良の守り神として親しまれている「せんとくん」鹿の角をたくわえ

愛嬌のある童子、新たな歴史を築く役割を担ってるそうな。(^_-)

ガラスの向うに平山画伯の壁画がずらりと展示され圧巻す(゚д゚)

Photo_2

|

« 箱の中から | トップページ | カボチャ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139481/37419377

この記事へのトラックバック一覧です: 古都:

« 箱の中から | トップページ | カボチャ »