« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

邦を楽しむ

美術館内でのミュージアムコンサート開催が友の会主催の為

お手伝いにはせ参じる。  お琴・尺八の二重奏あり、三味線・

太鼓の力強い合奏あり、中でも小学二年生の女の子が右手

一杯に伸ばし弦を押さえ、左手のバチ裁きも 見事な事!゚д゚)

自分から進んで津軽三味線の稽古が希望だったらしく、6歳の

6月6日から三味線教室に通い始められた との紹介があり

おネェさん、おニィさんの大人が奏でる三味線に混じり

着物袴姿が余計に凛々しくもあり感心させられたのでした。

尺八ゃ三味線・お琴など和楽器の知識は皆無だったので

演奏の合間の指導者からのお話しがとても解かり易く

身近に思え良かったのだが、バチで叩かれる三味線は

強い犬の皮で作られてると聞き、驚く!(´ρ`) ヘ~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

復習

真冬の樹木とすでに花芽をつけた植物観察の研修に出掛ける。

先生から「樹木を見る眼」の講義を受けた後、防寒服を着込み

広大なキャンパス内に点在している、シンボル・ツリーの

樹木から樹皮ゃ多量の木部を形成している容姿を観察?し、

冬季ならではのガーデンから知らなかった事を沢山学べ

思い切って参加して良かったぁ~。 忘れぬ内に・・・(^-^)v

エノキ・・・今は建築ゃ薪材などに、大きな木に葉っぱが茂リ

 一休みできる一里塚として江戸時代は、”ええ木”ゃ・・と。

モクレンとコブシ=同じモクレン科。ヤマボウシとハナミズキ=

同じミズキ科ですが、どこがどんな風に 違うのでしょう? 

 モクレン=花のみ、コブシ=花の下細い葉がつき花の後

ゴツゴツした実が。 ヤマホウシ=葉が先で花が後に咲き

実は食べられる。  ハナミズキ=花が先に葉が後から・・・

ヒトツバタコ(モクセイ科)はナンジャモンジャの別名もあり

  何が何やらわけが解からないから・・・?(^_-)-☆

センぺルセコイヤ(スギ科)=何が凄い?、

メタセセコイヤ は落葉樹でPhoto

学校一番のシンボルツリーの

セコイヤは水を吸い上げる力が

凄く、世界で一番はニューヨークの

110メートルもあるんだと!!

ハクモクレンがすでに大きな蕾で青空に

映えておりました。田舎にUターンすると

雪景色、兵庫県は日本の縮図と教わった

事を思い出し、なるほど~~と改めて思う。

Photo_3 

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

お見お送り

知人のご主人が亡くなられたとの知らせを受け、雪が斜めに降り

しきる公道を便乗させて頂き、仲間数人と葬儀に参列する。

お坊さんの長~いお経?の合間にチィーーン・チィーン、ドン・ドン

ジャンジャ~ン・チィーーン、お棺の中でびっくりされないのか と

余計な事を思いつつ・・・  お孫さんからおジィちゃんへの手紙を

読まれ、涙ながらに喪主の挨拶、出棺となり、マイクからの指示?

で全員「合掌」。    葬儀場の出入り口と、離れていない側に

もうひとつの出入り口に台車に乗せられたまま、お見送りの方は

後に続いて下さい と 式場のスタッフにせかされ、ご親族は

駆け足でしたょ。 儀式が終われば即 天に舞上がるのかぁ~

霊柩車での出発の悲しい音がないのは初めての事だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

そこ冷え

お正月からの雪が溶けずそこかしこの大地は白色のまんま(^_-)。

裏藪の竹が雪の重みで梅の木ゃ花壇に覆いかぶさり、もの言わぬ

樹木はジィーーと耐えてる様子が忍びなくて、ノコギリを持ち出し

慣れない手つきで ギリギリ・ガリガリと根っこ近くから切り倒し

ずるずると長く重たいブツをめだたない場所に移動、やっと裏庭が

明るくなりやれやれ・・・( ノ゚Д゚)ヨッ!。  昨日隣市での委員会に

しぶしぶ出掛けたがトンネル越えると雪景色など目にせず明るい

日差しで洗濯物の乾きの違いを思う、所変われば何とやら・・・。

大寒も過ぎ もうしばらくの辛抱だが立春まで幾日?(´ー`)/~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

合掌

神戸淡路震災が起きたその一年前に茨木市から神戸市に引越し

まっさらの住居、当時新しくできた街の様子を思い出す1日となる。

主人が単身赴任で留守の間、前日に豊橋市に住んでいた長女宅

から帰宅した翌日の早朝、次女と二人我が家での大きな地震を

体験・・・、ガチャガチャーーガチャ、食器の壊れる音、暫く続く

余震が怖く、真っ暗な部屋をそろそろと娘のベットへ、いつも

街灯の明るさから一変し一斉に電気は消えしばしシィーーんと

静まり、外の駐車場からカーラジオの音が・・・。同じ市内とはいえ

テレビの向うから伝わって来る惨事が信じ難く・・・、その後在宅

ヘルバーの仕事で、沢山の貴重な体験談を聞き、知る事となる。

背筋を伸ばし凛と生きておられた訪問先の様子が思い出され

今日も無事で合掌されているだろうか。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

絵画に学ぶ

市立美術館で町との関わりの深い画家「富岡鉄斎」の絵画展

開催があり、鉄斎の生涯ゃ画風のお話しを鑑賞しながら

館研究員さんの解説があるとの事で出向く。

座右の銘 「万巻の書を読み、万里の路を往く」 広く諸学を

学びつつ学者を志し、画作においても内外の画法を研究し

また 各地に出向き自ら目にした風物を描かれ、個性的な

画法で生涯を通じ1万点もの作品を遺されたらしい。 

母親の故郷わが町の実家に送られた鉄斎の書簡が

そうろう文でガラスの中に収められており、知ってる地名が

あったり~。鉄斎の言葉に「自分の絵を見る時は先ず賛を読め」 

と。  「書」 と 「画」 を学ばれた 文人としての生き方を

鑑賞すべし って事か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

冬景色

そこかしこ覆い隠してくれる雪景色は好き!と思いながらも

ワンコとの散歩道は合い変わらず メッチャ寒い!(´Д`;;)。

新年二回目のコーラスの練習の三部合唱は尋常小学校唱歌

「冬景色」 作詞・作曲者不詳と知る。 昔昔小学校で覚えた?

歌詞の内容、情景は理解できないままだったろうに歌えるのは

すごいなぁ~と思いつつ・・・、 先生から冬景色情景を感じる

コーラスにと丁寧なご指導のもと、とっても良い合唱曲となる。

 ♪さ霧消ゆる  朝の霜~  ♪烏啼きて 木に高く~

   ♪嵐吹きて 日は暮れぬ~ それと分かじ 野辺の里~♪

歌詞の二番 ♪人は畑に 麦を踏む~♪ いつ?情景知らず!。

Photo

       裏庭に続く農道から    さぶう~~(^_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

四季折々周囲の雑草に悩まされてる日々から、冬季の雪は

そこかしこ真っ白い風景となり、真冬はえぇなぁ~、別名小雪は

冬に強いんでっす!!と威張って・・・ しかしながら昨年末からの

寒さに続き、キレィに思えてた真っ白い景色も、もう~ええよぉ~

雪の重さとに堪りませんと表庭の狸さんも参ってるかなぁと思いつつ

雪の中に居る方が暖っかかも、あえて雪をコート代わりに(^_-)-☆。

そこ冷えのする祝日、初会に集落の皆さん公民館に集合です。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

粥を味わう

自然探訪クループの集いで七草粥を作ろう とそれぞれが七草を

摘み持ち寄る。 遠くの地で栽培された春の七草セットが店頭に

出回ってるのを買い求められた方もあり・・・ ゚∀゚)ノィョ―ゥ

山野草に詳しい方から七草の解説をして頂いた後、その材料で

七草粥を作り食しながら、今年の健康を & エトセトラ & 懇談す。

Photo

鉢に持参された七草をデジカメに頂く。そこかしこの土手などに

厄介な雑草と思ってた草が胃に優しく食する事が出来るとは

改めて見直す。全粥・七分粥・五分粥・三分粥などで満腹す(^-^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

はゃ5日

大晦日からの寒波到来、北側は雪が溶けず、凍った草むらを

ワンコがバリバリと容赦なく先を急ぐように引っ張られながら

朝の散歩から今年もスタートす。  冷え冷えの陰らに孫娘が

残して帰った残雪の足跡絵が健在です~。(^-^)/~~~

2311

お寺へ年頭のご挨拶?にはせ参じた手土産?のカレンダーから

       Chant the newbutsu with firm concentration

        「 ただ一向に念仏すべ」

「極楽浄土に往生するには、ただひたすらお念仏をとなえなさい」

    法然上人の教えをあらためて味わいましょう・・・ と。

クリスイブにはキャロルを、クリスマスには家族で教会に行くのが

楽しみだった両親との思い出も、遠~い昔の事となり。

生まれ育った名字より嫁ぎ先の仏壇に手を合わせる年数が

ずっと長くなってるにも関わらず(-_-; ・・・「極楽浄土」って?・・・

クエッションマークを取り払うためにも、「念じる」 年に、と

願いながら 「念じる」 事もない まんま、ハャ5日が過ぎ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »