« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

数日35℃の猛暑続き・・・。梅雨が戻らぬ内にジャガイモ堀りに

汗タラタラ・・・シャワーを済ませ、昼食は辛くて熱いカレーうどん

に汗・・・、塩を振りかけての冷たいスイカは格別に美味しく頂く。

少し休憩、新聞片手にゴロっと横になるゃ、雷の音と共にもの凄い

雨音、急いで車庫に並べたジャガイモが濡れてはなるまいと

シッターを降ろしに走る、ほんの数秒びしょ濡れとなり、汗と

雨で二度着替える羽目に・・・。天気予報ピッタシカンカン(^-^)v。

今年も早 折り返しとなり夏本番はこれからぞ!!

Photo

昨日はキャンパスガイド出務日、さすがの暑さか来訪者数人、

折角の機会(* ^ー゚)を無駄にすまいと広~いガーデンを散策

全体の広さ、甲子園球場の三倍らしく、中でもお気に入りの

場所は主にハーブが植えられている沈床庭園、噴水の音と

上を県道が走るトンネル出入り口の椅子は絶好の休憩所。

浄化水を利用しての自動散水で植物の元気さは流石です

静かな木陰なのでの一休みも、我が家では味わえない

清涼感を頂けた1日でした(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

木のぬくもり

市立美術館で「木のぬくもり展」 開催にあたり、静岡から作家

直々のギャラリトークがある初日のオープニングに参加す。

木とのふれあいは、「感じる事・知る事・作る事・使う事・

好きになる事」 から 自分なりのテーマーを発見することで

年を重ねて生きていくことを教えてくれます と話され

沢山の展示作品と、手に触れる木のぬくもりが伝わり

四階の広~い展示室では木組みに興じている小学生は

いきいきと楽しそう。大きさゃ木の種類により叩く・触るで

感触の違いに木の奥深さを知る。

桂・欅・杉・桐・檜・・・山桜=加工し易く磨くと綺麗に光るので

楽器ゃ高級家具に使われるなどなど 木ヘンの文字から

それぞれの特徴が解説さてれてるのも興味ぶかく 又

立ち寄ってみよう。(^-^)/~~~

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

自然観察会

雨天でも決行ですとのお知らせ通り、朝から雨にもナンのその

二十数人が県下から明石公園に参集す。

当公園のシンボルの野草は「フジバカマ」です と 傘もささず

歴史を含め、お殿さんが歌われた歌を披露された現役学生さん

  ”とめおく人の心を夏草の 花の色香に見るもめずらし”

植物に詳しい方々が交代で得意分野?の場所で解説をされ

街中にある公園を出来るだけ自然に保全していきたいとの

想いがヒシヒシと伝わって・・・。

雨音と傘で説明が聞き取り難く、研修室での意見交換の中で

マイクを使われなかったのは何かあるのですか? の問いに

蜂が飛ぶ音など些細な事と思われるかもですが・との返答に

自然を大切に思われてることに気づかされたのでした。

P6204616

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

研修の旅

市立美術館を朝七時出発、当館夜八時解散の1日。琴平町の

金比羅宮参道を散策しつつ、洋画の開拓者「高橋由一」館ゃ

円山応挙の秀作である障壁画含め、入母屋造、檜皮葺である

表書院など重要文化財を拝観し、昼食後バスで移動、美馬市

脇町「うだつ」の町並みを住民のボランティアガイドさんにより

詳しい解説を受けながら散策。「卯建」 うだつ とは町家の

妻壁の横に張り出した袖壁で、防火の役目をし豊富な家は

立派なうだつ(卯建)のある家を造り、いつまでもくずくずして

一向に出世できない事を 「うだつがあがらない」 のことわざ

ができたらしい。 画集と讃岐うどんをお土産に・・・(^_-)-☆

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

作業(^_-)

夏野菜の花が彩り始め、蝶々が忙しく飛び回ってる中、200個の

苗を植えた玉葱が立派に大きくなり、地上の葉っぱが倒れたので

全部引っこ抜き、根と土の付いた皮を取り除くと真っ白の玉が

縁の下で見事?に整列、えんどう豆の踊り姿も終演となり

雑多な裏庭の奥で元気な山椒の実から早く早くと急き立てられ、

カゴを片手に何度かに分け、十分過ぎる程沢山収穫す。 

1

一回り雑草との戦いが終わったかなぁ~と思いつつの昨今、又

朝からの雨!梅雨が明ければ草共との根気比べの夏到来か!

毎年の事ながら延々と続く草引き、何とかならぬものか(*`Д´)φ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

農の体験

街中住まいで移住地の異なる若者・子供・シニア含め30人余が

農業体験をされるイベントの昼食作りにはせ参じる。

田植え、さつま芋苗植え、タマネギ・エンドウ・ソラ豆などの収穫

子供達は蛙捕獲?と素足で泥田に入っての田植えは楽しそう。

又昼食は車庫が即席の農家食堂になり、田舎ならではの手作り

メニュー、赤色赤飯・青色豆ご飯も大きな釜からセルフでお代わり

掘りたてホクホクの馬鈴薯、熱々野菜の天ぷら、山菜佃煮、

バーベキューは特等の鹿肉も好評、程よく皆さんの胃袋も

満足された様子(^_-)、お互い旧知の仲の如く和気藹々の内に

交流の輪が広がり、それぞれの街中へとUターンされる。(^-^)

Photo_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »