« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月29日 (金)

教養講座

シニアカレッジ、「自分らしい最後を迎える為に」 の教養講座に

出掛ける。予てから自分の事は自分で決めておきたいとの思い

もありイソイソと・・(^_-)。  身内、特に連れ合いの死は人生で

最大のストレスである。と フムフム・・・ 遺された人を想えばこそ

生前準備は大切な人への贈り物であり、ほんとのやさしさは

形にして遺しておく事。フムフム・・・。(^_-)-☆ 

エンディングノートはボチボチ進行中であり、 意外と大変な

生活の場の整理をしなければなるまい。元気な内に老い支度。

"70でお迎えが来たら留守と言え。80では早いと言え。90では

   急がすともよい!。100歳でこちらからぼちぼち行くと言え。"

暑い寒いとボヤいてる間に、母が逝った70歳はもう目の前

もうしばらく留守と言わねば・・・(≧o≦)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

手伝い

暑いなぁ~  挨拶代わりに出る言葉 つぃ口から発してる日々

その真っ只中、小豆の種まきと夏野菜収穫を体験される催しの

昼食作りのお手伝いに はせ参じる。 

Photo

黒さやの大納言小豆は当地の圃場のみの収穫とあって

阪神間から親子連れが30人ばかり来られた。近隣から

スイトコーン・カブトムシ・クワガタ・すももなどの差し入れ、

胡瓜・トマト・スイカなどを井戸水で冷やした丸かじりは

都会では味わえないと 大人も子供達も大喜び!!。

田舎暮らし希望されてる若者が熱心に実践されてる

地元の方に質問ありーの、クーラーなしの大きな車庫が

交流の場となったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

葡萄に袋

当家の所帯主、連日の猛暑でバテ気味の所、日陰になる頃を

見計らって葡萄棚の下に椅子を設え、房に紙カバーを。

目分量で半分終わった所で今日の作業終了らしく、数えてみる

2・4・6・・・30・35・40・45・50・・・60・・・あと 後方半分加わると

100以上の袋がぶら下がり、お盆過ぎには紫色した大きな葡萄の

姿が楽しみ~(^^♪)     しかし・美味しく食べごろに色付くと

電柱の上から監視されてるカラス共が上手に袋を破り

食べ散らかされ、今年はナン房味わえることやら。(´ー`)/~~

よそ様のスイトコーン畑の如く周囲をネット囲いが必須かも。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

収穫

刈っても引いても懲りずに根気良く伸びてくる草共と戦ってる内

腰を伸ばそうと上を見上げると、スモモゃビワの実がいつの間にか

たわわに実っており、もぎ取って味見してみる。

今年は いけますなぁ~ 鳥に持っていかれない内に、急いで

収穫。 オオヨソ籠一杯150個はあろうか。冷やして食すと

美味しさ倍増!!。果物好きにとっては有難い恵みの初夏となり。

75  

畑の大地からは、キュウリ・ナス・トマト・ピーマンの夏野菜も

次からつぎへと収穫、胡瓜のお化けに追っかけられる昨今となり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »