« ホッ! | トップページ | 語る »

2012年3月 4日 (日)

土壌について

午前中の予定が終わり、帰路の切符を買う時迷いつつ折角の

機会と思い直し、帰る反対方向への切符を求め新快速で西へ。

最寄駅で久しぶりの友と出会い近況報告しながら指定場所に

行くと器具と土、水と容器が並べられ、なにゃら理科実験か?

誰にでも簡単にできる「土壌分析テスト」を試みましょうとの事で

小さな容器に水をその上にそれぞれ持参された土を入れ、私メ

友達が持参した家の土で調べてみる事となる。pHとEC両方の

数値を合わせて診断する事により詳しく土の栄養状態が解るっう

事らしい。 この数値が高いと窒素成分・塩基成分が過剰に蓄積

しているので過剰養分の施用は極力避けてくださいとの事。

反対にpH、ECが低いのは作物の葉色は淡く、ひ弱なので

石灰・苦土・加理ゃ窒素成分の肥料を効かせて下さいとの事。

適正範囲は 「pH5.5~7.0、EC0.4~1.0」 などと教わるが、

我が家の土に振り返りそのようなテストどうすんねん!(-。-)

思いつきで参加した私メと違い、友達は分析できると称される

薬?ゃマーカーなどお持ちであり、流石に!と感心す。($・・)/

夜は地域での食事会予定があり、後半の交流会は失礼し

そそくさと東への新快速で帰宅する。ヤレヤレ(*^_^*)

|

« ホッ! | トップページ | 語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139481/44360156

この記事へのトラックバック一覧です: 土壌について:

« ホッ! | トップページ | 語る »