« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月30日 (水)

音楽祭

風薫る5月の第4日曜日、市内のコーラスグループが日頃の練習

発表の場、森公苑大ホールに集う。今年で24回・21グループの

参加、一部・二部の初めに 高校生の吹奏楽からスタート。

学生の部活動とはいえ 日頃の弛まぬ練習の成果でしょうか

吹奏楽の迫力と演奏の素晴らしさに拍手喝采。パチパチパチ・・・。

Photo

我々の今回発表曲は、作曲者作品メドレー ♪やまのけむり・

あざみの歌・さくら貝の歌♪を三部合唱、キラキラのネックレス

イヤリング、濃紺ドレスのステージ衣装で 本番に強いと

言われながら 無事に発表終わる (^-^)/~~~ふう~。

最後に全員で ♪ 霧がわく~ わいて はれゆき 風かおり 

 めぐみ ひろがる 山脈よ~ 生命 あふれる くろい土

丹波は 幸を 産むところ~♪  来年お会いしましょう。 

音楽が1つになって楽しめる事は良いものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

緑のカーテン

従兄弟の言動に触発?されてか 今流行りの緑のカーテンを

作るべし と ゴーヤ苗6個+野菜の土+ネット=3500円也

自ら買出しに行き、竹薮の竹を支柱に ネットを張り、日頃

動かないダンナが 真夏の涼しさを願って動き出す。

植物の蔓が伸びていくネットが立派過ぎる?と内心思われ 

花と実が楽しめる緑のカーテンを隣に便乗しようと

フルーツ苗2個+アサガオ苗4個+花の土=2000円也を

買い足し窓から射す日よけとなるかなぁ~の格好が出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

庭めぐり

花くらぶ仲間七人、乗り合わせ 「まちなみガーデンAIOI」 の

庭めぐりを楽しむ。 次の日曜は年に一度の最大イベントらしく

湾を会場に花火と船漕ぎ競技で有名なベイロン祭り会場の側で

案内頂いた友達と昼食中の雑談をはさみつつ、10軒以上の

庭めぐりが出来たかなぁ~ハテサテ・・・。ぞれぞれ個性豊かで

手入れの行き届いたガーデンに、花好き仲間の会話は耐える

ことなく楽しい1日でした。      特に印象深い庭の1つに 

「モアイ」 をこよなく愛されるアートが そこかしこに配置され

海を航海しているような デカイ帆先の上まで掛けられた

花篭が風に揺られ、グランドピアノ風の手作りアートに花一杯

 ”キャンパスに描かれるような庭でありますように” と

刻まれた石が飾られてあり ジィーと眺めていると昨年この世を

突然去られたご主人の話をお聞きし 胸が熱くなったのでした。

Photo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

解説

開館10周年記念の催でもある印象派の絵画展が来月から

二ヶ月半100点ほど展示される為、県美内のボランティアを

対象に スライド解説のレクチャーがあり参加する。

専門的な学芸員の解説は流石・・・。カミーユ・ビサロの作品と

シスレー・モネ・ルノワールの作品を比較しながら鑑賞するのも

楽しいですょ。。。との事。。。 自然の風景ゃ人々の暮らしを

描かれた本物の絵画を鑑賞できるチャンス!。是非とも!。

野外円形舞台の前で学生さん達の稽古?を眺めながら

静かな湾に向って腰を下ろし、サンドイッチで昼食(^-^)v

Photo

後ろを振り返るとビルの窓に反対側のビルがガタガタに映り、

そのガタガタに写ってるビルの中に住まわれている方の話では

我が家からはキレイなビルの映ったのが見えますょ~~*゚ー゚

口をそろえて へぇーーー不思議ですねぇ~~(=゚ω゚)ノ。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

コンサート

市立美術館で絵本作家でもある新美南吉の作品展開催に

ちなみ 当市出身のソプラノ歌手の声楽とピアノコンサートが

館内で催され、受付ゃ最後の花束贈呈の役目を仰せつかり

草引きの格好ではカッコウ悪かろう と着替えて出掛ける。

児童雑誌「赤い鳥」に「ごん狐」が掲載されてたこともあり

懐かしの童謡より四曲、四季メロディーを九曲ノンストップで

又オペラアリアより 二曲を耳から楽しむ事が出来た。

今回のミュージアムコンサートは新任館長さん自ら解説をされ

前任のお仕事は音楽の先生だったと聞き、納得す。(^-^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

一年一度

テレビの向こう側から、店頭の一等場所から、目と耳から意識

させられるが母の日。 娘家族から一年に一度 鉢植えの花を

プレゼントして頂く。 今年の贈り物は三種色の「カランコエ」が

可愛いバスケットに詰め込まれていたので、それぞれ一回り

大きな鉢に植え替え、改めて育て方を検索す。    

原産地が東アフリカ、湿気に弱く乾燥に強い、葉挿し・茎挿しで

簡単に増やされる 多肉植物とは知らなんだなぁ~~。(* ^ー゚)

そうゆうことなら 根気良く 増やしてみるのも良いか! 

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

ブドウの家

先日からの暖かな五月晴れとは一変、室内温度計15℃に

衣替えで入れ替えたセーターを引っ張り出す・・・。(  ´∀`)

ストーブから扇風機に交換したのも勇み足となり・・・ブルブル。

桜の木は青々と茂った葉っぱで一段と大きく、ブドウ棚では

新芽からすでに花が咲こうと身構えてる様子は確実に季節が

入れ替わったなぁ~と実感(^o^)、今年こそは美味しいブドウを

味わうべし と新調したブドウの屋根が冷たい雨露で濡れており

萌黄色の葉っぱと花芽の成長に良かった事  ホッとす(^-^)v。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

名作の魅力

当市の美術館で生誕100年を迎えられる児童文学者の作品・

生涯に渡る豊富な資料・絵本作家11人による挿絵原画などが

紹介されてる 「こんぎつねの世界」 を鑑賞に行く。

先生の引率で沢山の小学生に出会い、国語教科書に採用

されている文学の世界を勉強に?・・・。絵本を手に取って

熱心に読んでいる姿に、来週六歳になる孫の誕生祝いに

”名作を読もう” プレゼントも良いなぁ~と二冊買い求める。

Photo

一ヶ所のパネルに書かれた言葉に目がとまり走り書きから

忘れない内に記しておこう。

「でんでん虫のかなしみ」  この作品は私たちに大切な事を

教えてくれました。悲しみは誰にでも持っているのだ。 

私ばかりではない、私は私の悲しみをこえていかなきゃならない。 

決してあきらめるのではありません、悲しみと共に生きていく

覚悟がその悲しみに負けない強さと 他人の悲しみを労わる

優しさを私たちに与えてくれるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

デジカメ

数年持ち歩いてたデジカメ、510gと重く、カバンの中では一番の

場所を占領し、旅のお供には困った代物で、兼ねてから今時の

デジカメが欲しいなぁ~~ 。       先週街中に行った時 

デッカイ電化店に立ち寄り、物欲しげに見てたら お店の人から

一押しの機種を進められ、メーカー&機種&値段をメモって帰り

昨日近隣の電化店で 再びお目当てを品定めしていると

新製品出荷につき、8GBのメモリーとケースをサービスします

と。 他店での値段を ダメモトで言ってみると そのお値段に

させて頂きます と。  言ってみるものだわ!(゚Д゚)ヨッ!。

で 迷わずカード払いで 最新?デジカメを購入す。(^-^)v

215gの軽量と手のひらに乗るコンパクトサイズでありながら

画素数16メガビクセル・光学18倍ズーム・・・ 初期設定に

言語を選べ!地域は日本で良いか!年月日は?エトセトラ。

Photo    

早速 米粒より小さな 山野草のマイヅルソウが元気な姿を

魅せてくれたので撮ってみる事にした。ビントがイマイチ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

植物の名前?

以前花好き仲間から、増えるょぉ~ と一鉢頂いたハーブの苗を

広がってほしい場所にほんの少しづつ植え、増えては 又増やす

繰り返しで今はあちらこちらで地面に這い出しながら増殖す。

じみ~で小さな小粒の葉っぱの頭に今年もびっしりピンクの花を

咲かせ雑草の蔓延る余地はなく願ってもない植物ではある。

何て名前のハーブなのか通りがかりに聞かれる質問に返事が

出来ず・・・ハーブ図鑑で検索すれど見当たらず・・・(;゚-゚)

頂いた友に聞けばよろしいものを・・・今更なぁ~。。。(´Д`;;)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

竹の子掘り

山が笑ってると表現されるように芽吹の季節は野山全体が

萌黄色となり、暑くもない絶好日和の午前中竹の子掘りイベント?

に参加する  親戚の野山で 竹の子はモチのロン、フキの採集

山の水が流れてる水路の両側にはワサビの葉が輝いており、

山菜などのレシピを教わりつつ、たわいもない会話もプラスし

ワィワィがゃがゃと楽しいひと時であった。

掘りたてを沢山持ち帰られた従兄弟から、願わくば竹の子ご飯と

なって持参頂ければこのうえなく嬉しいのだけれど。。。* ^ー゚)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »