« デジカメ | トップページ | ブドウの家 »

2012年5月10日 (木)

名作の魅力

当市の美術館で生誕100年を迎えられる児童文学者の作品・

生涯に渡る豊富な資料・絵本作家11人による挿絵原画などが

紹介されてる 「こんぎつねの世界」 を鑑賞に行く。

先生の引率で沢山の小学生に出会い、国語教科書に採用

されている文学の世界を勉強に?・・・。絵本を手に取って

熱心に読んでいる姿に、来週六歳になる孫の誕生祝いに

”名作を読もう” プレゼントも良いなぁ~と二冊買い求める。

Photo

一ヶ所のパネルに書かれた言葉に目がとまり走り書きから

忘れない内に記しておこう。

「でんでん虫のかなしみ」  この作品は私たちに大切な事を

教えてくれました。悲しみは誰にでも持っているのだ。 

私ばかりではない、私は私の悲しみをこえていかなきゃならない。 

決してあきらめるのではありません、悲しみと共に生きていく

覚悟がその悲しみに負けない強さと 他人の悲しみを労わる

優しさを私たちに与えてくれるのではないでしょうか。

|

« デジカメ | トップページ | ブドウの家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139481/45200550

この記事へのトラックバック一覧です: 名作の魅力:

« デジカメ | トップページ | ブドウの家 »