« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月30日 (火)

花壇作り

花緑いっぱい運動の1つ、公共施設側での緑地整備に参加

雨日和の後 朝からの晴天で、植栽には絶好の1日であった。

宿泊施設前の草ボウボウの花壇を 県事業からの助成を受け

地元の方と花好き仲間が集まり、研修会&ワークショップあり

昼食時は和気藹々の後 樹木7種類・低木8種類・球根6種類

一年草4種類・宿根草28種類の植栽は2時間で終了す。

Photo

昼食中の情報で、「緑化活動グループに苗木、花苗、肥料等を

 提供され、持続型花壇への転換と団体活動の継続を図る」

緑化事業の申し込みが本日迄との事を知り、駄目もとで 

地域公民館前の花壇に・と申し込む。     チューリップ・

水仙・ムスカリの球根+パンジーの一年草+肥料+花の土

あれこれ迷う時間もなく急きょ用紙に記入。 三年間連続

助成して頂ける事も知り、願ったり適ったり。ヤッター(^O^)/ 

マジで今日の手弁当ボランティアの収穫である。

ぬか喜びでない事を祈りながら手作り花壇を後にする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

秋の食材

テレビの向う側と同じ愉快なトークで秋の食材を活かした料理を

披露された グッチ氏の「ときめきカルチャァー」 トークショウに

出掛ける。 スタッフが丹波の食材をお江戸の自宅に送り調理を

されたらしく、芸能情報を交えながらのトークと数種類の料理を

テキパキとこなされ会場への試食あり、何が本職です?などの

質問タイムもあり、ご本人曰く " 極楽請負人" とも申され 

人としての幅の広さを感じたのでした。

特産品を食材に、記憶が残っている内に記しておこう。

「炊き込みご飯」(フライパン使用)   水はお米の2割増し

 20分浸水したお米の中に小豆と栗+昆布茶+お酒を

 10分強火で10分蒸らす  黒胡麻塩をパラパラと。

「長寿鍋」

 だし汁+白菜+豚肉をグツグツ煮た中に 擂った山芋

 +卵+味醂+片栗粉を混ぜたネバネバを一口大で

 鍋の中に落とし少し煮る 柚子コショウを加え汁ごと食す。

「 鹿のお好み焼き」

 お好み焼粉+えびの粉+青海苔+鰹節+紅生姜+卵+

 水で硬めに混ぜ 鹿肉に衣を付け多めの油でカリっと焼く

「塩糀丹波鹿麻呂」 (グッチさんの命名)

 鹿肉に塩糀を刷り込み一晩冷蔵庫へ

 お肉に油を通し網焼き+柚子と共に、焼き過ぎない事。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

お金

大なり小なり誰もが持ってるお金を発行している日本銀行での

現地研修?に参加す。セキュリティが厳しく、そこかしこが重厚で

日常の仕事も粛々とされている様子、咳1つ出来ないような

雰囲気の中を見学。   日本銀行の役目、お金のあれこれ

などなど 親切丁寧に詳しい説明をして頂き、日銀からの

お土産に と 細かく裁断されたお金を頂く。(=゚ω゚)ノ   

国立印刷局がお札の印刷をされ、銀行券として日銀が発行

金融機関を通して個人ゃ会社をぐるぐる回り、痛んだお札を

細かく裁断されたお札の最後となったのを頂いたのである。

モチロン 本物ではない一億円の束10キロを持つ。お米10キロとは

同じ重さとは思えず。、一千万円は片手一握りでヒョィ と持てた。

世の中に出回っているお札の量は富士山の363倍の高さだと!!。

物価の安定と金融システムの安定は日銀の大きな役目で

ある事を学ぶ。 又 お札の偽造防止に どのような技術が

使われているのかを知るため 財布から自前のお札を取り出し

ホゥーー と あまり眺めることのないお金をじっくり観察。 

家路に着いてから財布を出し 改めて復習?す(^-^)v。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

石のアート

美術館から1歩外へ出ると海側山側・西東といろんなアートが

設えてあり、作者の意図が私メには理解しがたく、何?ナニ?と

暫し思案しながら ぶら~と海の風を感じながらの散策も面白い

一昨日今期二度目のミュージアムボランティアの例会に出席す。

ナニ?何?の1つに 海に向って開けたテラスに置かれている

船のような石が置かれてあり、上に乗ったり、座ってみたり・・・

これは「日の鞍」と称され お日様の腰掛らしい。Photo

作者が石を叩き永遠で変わらないものと繋がりたいと願われた

作品であると知る。夏至の日の正午の太陽の光と「日の鞍」が

重なって 陰がなくなり、輝くらしい。来年の夏至前後確認下さい

との解説班からの通信でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

集う

県下各地からオープンガーデンネットワークに加盟されている会員

一グループ参加人数の指定もあってのフォーラムが相生市で開催

仲間の車に便乗させて頂き、市が用意された 二台のマイクロに

乗り合わせ午前中に、二軒のお庭訪問。 草花に隠れたように

可愛いオブジェが設えてあり つぃつぃ コンデジに頂いてきました。

Photo お天気が怪しくなってきた所 相生湾の南端にある「万葉の岬」へ

バスを進め40品種230本余の椿園に、生憎の雨が降り出し

瀬戸内海180度展望できるらしい素晴らしい景色もなくホテルでの

昼食は植物好き仲間の交流の場となる。   市民センターに

移動し、淡路園芸学校恩師の講演に続き グループ討議となる。

帰路 ドシャ降りの高速を慣れてる運転とは申されるが 随分

お疲れだった事と察します。楽しく有意義な一日に感謝!!。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

集落イベント

一年に一度 老いも若きも集落一丸となっての 秋祭り行事の

裏方に参加する。        早朝 神社での奉納行事を

ツラツラ拝見したいと思いながら いまだに果たせず?

今年も公民館前広場での昼食イベントの為 前日からの

打ち合わせと準備、当日も朝早くから 沢山の昼食作りと

後片付けも含め 手作りイベントが粛々と?和気藹々?と

無事に終わりホッ!。次年度の為 忘却とならない間に~

主食=3升のお米+枝豆1200g+塩70gの豆ご飯×二釜

    五升炊いたご飯をシソとワカメに振り分けそれぞれを

    俵型のお握りとし、三角お握りは蓋が出来ないからと

    却下される(*^ー゚)ノ ぃょぅ

副食=鳥のから揚げ+ポテトチップ+ウインナー+ポテトサラダ

    煮しめ+お漬物等 オードブル食器に盛り付け。

多量の地域産枝豆ゃお茶はデッカイお鍋でマキを焚きながら作る。

Photo

     

     

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

山野草

急な気温の変化に衣類の入れ替え、タオルケットから毛布へと

イッキに肌寒くなり、愛犬?の良君もお休みの夜には敷物の上に

真ん丸くなり、暖かそうな部屋の中を恨めしそうに見つめてます。

雑多な裏庭の一鉢に、花好き仲間から頂いた苗が知らない間に

成長し 沢山の蕾から清楚な真っ白い花が咲いております。

教わって頂戴したはずが覚えておりませんで画像を添付しての

メール便で 山野草の「イヌショウマ」 ですょ と 教わりました。

そう言われれば山野草って風情ですが 青空に開いた花火の

ようでもあり、飽きずに眺めている秋の1日でした。

Photo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

栗の重さ

栗の出荷最盛期となり、全国津々浦々へ丹波産の栗を届ける

作業に今年もお手伝いに はせ参じ、連日粒ぞろいの大きな

栗を手にしていると、遅きに木から落下始めた我が家のブツは

ナントも品曽?に思えるのは栗に失礼か・な。 しかし青いイガが

バックリ口を開け 行儀良く並んでる姿は 大きさ・重さに優れた

一級品に負けない輝きに思えるのでした。(^-^)/~~~

Photo

重さといえば計りを側に置き、L寸は19g迄、20g以上は2Lへ

30gは3Lへと分別、ネット入り430g・バラの箱入り15㌔などと

数をこなしていく内 目分量でピタり 計れると ヨシ!と褒める

時々混じってる 1個50gの栗 甘~い渋皮煮は美味しいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »