« 集う | トップページ | お金 »

2012年10月23日 (火)

石のアート

美術館から1歩外へ出ると海側山側・西東といろんなアートが

設えてあり、作者の意図が私メには理解しがたく、何?ナニ?と

暫し思案しながら ぶら~と海の風を感じながらの散策も面白い

一昨日今期二度目のミュージアムボランティアの例会に出席す。

ナニ?何?の1つに 海に向って開けたテラスに置かれている

船のような石が置かれてあり、上に乗ったり、座ってみたり・・・

これは「日の鞍」と称され お日様の腰掛らしい。Photo

作者が石を叩き永遠で変わらないものと繋がりたいと願われた

作品であると知る。夏至の日の正午の太陽の光と「日の鞍」が

重なって 陰がなくなり、輝くらしい。来年の夏至前後確認下さい

との解説班からの通信でした。

|

« 集う | トップページ | お金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139481/47556084

この記事へのトラックバック一覧です: 石のアート:

« 集う | トップページ | お金 »