« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月27日 (火)

キャンバスに向かい

何を描こうか思案橋の所、県公館での震災記念日に参列された

放映を観てて、09、4月末 公館内で苦い経験をした事を思い出し

Januaryの絵画教室で先生のアドバイスを受けながら描いてみる。

「絵は下手でも絵の内 Dscn3981

味の内 案外上手い

絵はうまいだけで

面白味がないもの

絵の楽しさを十分

味わってみる事から」と 

何かで読んだような・・。

まだまだ 味の内っう

所までは・・・。主婦業

一切忘れ無心になれる事が魅力かもなぁ・・・。

細部の詰をしっかり描けるように前を向いてレッツゴー・・・(*^。^*)  

       今日のカレンダーからの一言

 「運命も 健康も 変えられるのは自分自身です!!」

ボチボチではあるが、我が身を律し 後ろ振り返らず・・・(*^。^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

真冬の花

雪の白さはないが、畑に取り残された大根・白菜・春菊ゃ花壇の

植物たちから 寒いなぁ~~の声が そこかしこから聞こえる

大寒である。(*´Д`)

何やらフルーティな香りに誘われ 見上げてみると 蠟細工の

質感で 「ロウバイ」の花が・・・。誰にも見てもらえないで寒そうに

枝にしがみついてるので 勝手口出た所の石臼に浮かべて観る。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

1.17

県美での例会と更新手続きの為、又 神戸で経験した震災を

振り返り 改めて防災の備えを見直す㏠でもある 昨日

外気温2℃ 175線 74㌔余り 往復す。( ^)o(^ )

♪強い絆をつくり 亡くなった方々のぶんも 毎日を 大切に

  生きて行こう~       響きわたれ ぼくたちの歌

  届けたい わたしたちの歌 しあわせ 運べるように~♪

寒風の中 制服姿の学生さん・ステージ衣装の男性合唱団との

美しいハーモニーが聞こえたので 小走りで駅前広場に。。。

市役所25階展望ロビーから 生まれ変わったみなと神戸を

一望し シャッターを押す。、20年の節目と土曜日が重なり

お子さん連れの家族も多く、寒い中 人出の多さに驚く。

Uターン後の我が家周辺は 静まり返った雪景色。( ゚Д゚)

街に近い田舎を実感す。 携帯歩数計12000歩!(*'▽')

Dscn3956  

Dscn3961

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

一筆描き

寒さが堪える歳になったのか、連日のひぇびぇに行動力が鈍り

脳と体の動きも捗らなくて…(*´Д`)・・・。 

今日はピクチャホルダーの中をウロウロしていると 植物の名前

知人の名前が それそれ・・・えぇーーとぉ~ すっと 出てこない!

頭の中で萎縮が進んでいるのか と改めて愕然とす。

血液の巡りを良くすべく 今宵は箱根温泉の湯を 我が家の

お風呂に混ぜ混ぜし せめて心身からホカホカの贅沢?に

浸り 脳の活性化になればよろしいのですが・・・(*'▽')。

Photoワンコと

散歩後
切株に

今日の

気持ちを

一筆描き

してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

開館20周年記念

市にゆかりのある現在美術作家展の オープンイベントの後

年間150万人の入館者を集める美術館に育てられた 県立

美術館館長さんの記念講演とその後の役員会もあり出掛ける。

Dscn3942演題は 「美術館が宝石箱から公共の広場に」

高価な作品を飾ってるだけの建物だけではなく、特に子供達の

感性を育てる開かれた館となるように・・・。ある程度の学力から

向上していくのは感性を磨く事、特に小学三年生はまだ早く

五年生になると遅い!四年生が一番大切な時なので新任の

溌剌とされた先生は四年生を担任すべし! と。 県美での

ミュージアムボランティア登録後 あまり参加は出来ていないが

4月~12月100校余りの受け入れが出来新年度もご協力下さい 

とのメールを先日受け取ったばかり、団体鑑賞された終わりに

県立美術館の入場券 「もう一回券」をプレゼントしますので

次は家族の方を誘って・・ と 生徒さん達に学芸員さんが

挨拶されるのに 館長さんの講演から ガッテンす。(^◇^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

超ミニプレゼント

明日植物好き仲間20数人が 昼食しながらワィワイとお喋りする

新年会があり、今回の世話役を仰せつかった二人で、ない頭を

捻り、あ楽しみプレゼントは友の手作り ユズ味噌・ジャム・生姜糖・

ナタマメ茶など小袋に詰め合わせます といとも簡単におっしゃい

まする~~。(^^♪  で Dscn3860_2私メ

プリンの空き瓶があったので

土を入れ多肉植物を挿し折り

紙で巻き 手のひらサイズの

一品を。 可愛い手提げ袋に

詰め合わせる事となる。

例年一年間の反省と今年に

向けての抱負などのお喋り

なんだけど、会場のテレビスクリーンをお借りできるようなので

パソコンから繋ぎ 画像で観る 「65年度の研修を振り返り」 

27年度研修の希望をお話して頂こう と。 で PowerPointと

ムービーソフトを利用し 30分程にまとめた映像を・・・。  

パソちゃんのご機嫌損なわないで 無事に終了となるかなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

お供え

年末から先祖様へお供え物を頂く。 

搾りたての生原酒・ふるさとがいっぱい詰まった地元の「お酒」。

フランスワインコンテスト金賞受賞 赤・白二本の 「果実酒」。

京都名門 「招福菓子箱」。    葉とらず 「リンゴ箱」。

立派な「苺パック」は寿を真中に飾り。 それぞれのお供え含め

先祖様に感謝しつつ 新しい年を歩み始める。(*^^)

Dscn3908_2葉取らず「リンゴ」とは=まんべんなく赤い色になる為実の周りの

葉を摘み取り 太陽の紫外線を当てると赤色となる、果皮の

真っ赤なリンゴをつくるか、葉を摘まずに味の濃いリンゴに・・・、

糖は葉でつくられるから葉を摘むと糖分の供給が少くなるので

味にこだわって一枚の葉も取らないので極端なものは赤くない

リンゴもできる。なので りんごの実を回し 多くの果実全体に

紫外線があたるように・・・。生産者さまの記名・保管方法など

記された津軽リンゴ。 仏様の味見されたご感想はいかが?

柿は30枚の葉に一つの実にすれば美味しい果実に

なるから 他の実は摘果するように を思い出す。!(^^)!

そうそう 地域の神社にお供えされてた 山の物の一つ

柿の御下がりを頂き、今の時期に柿を味わえるとは・・・合掌。

Dscn3910

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

27年睦月

月訓カレンダーから  改めて響く言葉を 新年に記しておこう。

     Aim high,then take your fiast step.

       「こころざし高く まず一歩」

   目指すところは高く、大きく。 心に思うだけではなく、

        それに向かって踏み出すこと。

27年の初めから雪景色となり、三が日は真っ白!!

 そこ冷えのするお正月も 孫とまごまごしながらアタフタ

している内に新しい歳を加えスタートす。まいどの事 さぁ~さぁ~ 

掛け声ばっかだけだけどぉ~(*^。^*)。   羊年も健康第一と

志?高く ワンコと散歩 まず一歩から 雪道を踏み出す。(^◇^)

224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »