« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月27日 (土)

咳 続く

咳止め点滴・気管を広げるらしい貼薬・抗生薬などなどの治療

をすれど一向に収まる気配なし。(´・ω・`)  週末から娘夫婦と

温泉でノンビリ休養の旅予約をしてたので 早く治さねば・・・と

医院に駆け込んだ始末から この状態では なぁ~ 思案の末

次回の機会を楽しみ取っておきますとメール便で。。。

咳も治まりそうになく 五日間の投薬もなくなり 何とか楽に

なりたい一心で再診。 肺のCT検査をとの事で紹介状持参で

県立病院へ。 翌日検査結果が届いたのでとの連絡を頂き

マタマタ 医院へ出向く事に。 右肺の下あたりに所見が

出てます、予約を取りますので詳しい検査を との事。

その日は咳止めの点滴と 気管を広げる吸入器と何やら

匂いのする水薬を頂く。 CT検査の機器の中で20秒横に

なり、2080円+医院での診察2070円=4150円也 一割負担

なので 健康保険から¥41500円使った事になる。。

                    ほへーーー(´◉◞౪◟◉)。  

今頃 温泉宿で美味しい食を味わい 瀬戸内を渡り尾道の

街並みを仲良く? 散策している頃かなぁーー(^o^)

健康寿命更新です と 一言メモった賀状だったのに。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

もうすぐ春です

無風なのに白梅の花びらがパラパラと散っているので 近寄って

観ると 鶯色した小鳥がせっせせっせと花びらを突いている。

よくよく見と 「メジロ」 の食事中のようだったのでコンデジを

向けるも  じっと留まってくれない・・・(#^.^#)。  好き放題に

大きく伸びた裏庭の白梅 ドアップで撮れた一枚を残しておこう

Dscn6089すぐ隣の藪の中で生活し鳴き声はホーホケキョ・ケキョケキョ

色はきれいな鶯色ではないのが 「ウグイス」 の小鳥であり

目の周りが白く 美しい色の小鳥が 「メジロ」 であると知る。

そういえば優雅?に聞こえるホーホケキョ とは鳴かないなぁ~。

雑多な庭でクロッカスPhoto
リュウキンカが

春はもうすぐ

ですよ と

黄色の花がPhoto_4

遠くからでも

目立ってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

先日ちょっとの頼まれごとがあり 隣町の庁舎まで出掛けた所

イベント開催日でもあり、道路通行規制で指定の駐車場から

徒歩となり 途中の屋台などツラツラと覗いたりぃ~などなど

人混みの中を往復した為か その夜から喉ゃ肺にパン粉でも

入ったように体が温まると ムズムズ・イガイガで咳が止らず

2日間の我慢から鼻水が出るわ・熱っぽくなるわ で 余程で

ないと病院へは行くまいの私メ、咳に根負けし ずーと前に

肺炎球菌ワクチンでお世話になった隣町の医院へ午前中は

診察してます とのお返事を頂き 土砂降りの雨の中出掛ける

診察室の椅子に座ると "どうされました? "やさしく語り掛けられ

たので 2日間の様子を話し出してると 指に機器を挟まれ 

何やら数字を眺めながら "風邪を少しもらいましたね? 

アレルギーの咳はちゃっちゃと治さないと喘息まで進むと 

ズーーと治療する事になりますから・・ハイ 点滴をしますので

隣のベットに横になって"  で 横になると咳込むので座っての

点滴となり・・・、1mgと表示された咳止め?の小さなテープを

胸に張られたり 投薬を受取り 一割負担の治療費570円の

支払いだった。思い切って 看てもらった安心感も手伝ってか

少し楽になったような・。でも咳が出ると喉ゃ胸が痛いです~。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

絵画と音楽

絵画教室の先生が 新作洋画の個展を開催されたので 初日と

最終日じっくりと観賞させて頂く(^◇^)。 自宅アトリエ教室では

ちょこっと 二言三言のアドバイスのお話が何とも暖かく 先生

の繊細な画風に魅了され、生徒の一人に 入れて頂いたのは

一昨年の11月。キャンバスに向かっている時は無心になって

描いてる積りが、これで完成にしよう とは思え た ためしなし!。

先生のはがきサイズから大作の油彩画70点余りの展示作品に

眼が釘づけとなったのである(´◉◞౪◟◉)。  

今日はシニアカレッジの最終日 地元出身で世界的に活躍され

ているオペラ歌手を迎え 市立美術館ホールでの講座に参加。

幼少から音楽に進まれた過程ゃ思いなど 又音楽を仕事に

頑張ってこれたのは、口を出さず見守っていた母のお蔭です・・・

と 沢山のお話をはさみながらの 懐かしの名曲 

🎶赤とんぼ・この道・ダニーボーイ・アンニローニー・蘇州夜曲♪

など耳が釘づけ? となり。 二年前に亡くなられた おかぁ様の

写真がバックに大写しにされ コーラスグループの先生でも

あったので とても 懐かしく 贅沢なひと時でした。( ^)o(^ ) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

ラテン風に

市内出身の世界的にも有名な画家さんの展覧会開催に伴い

美術館内で アコースティックバンドによるコンサートがあり

午後のひと時 いろんな道具?を楽器にされての演奏は流石

プロとして活躍されているミュージシャンの面々でした。

トロンボーン・ピアノ・ベース・パーカッションは専門分野らしく

その楽器をベースに、ピアニカ・小さなマッチ箱・カップなどを

使ってのアンサンブルも素晴らしいでした。   その中でも

光の情景画家メドレーゃ 唱歌をラテンにアレンジされての

演奏、最後に会場の皆さんと「ふるさと」を歌ったのでした。

油彩画・淡彩画・Dscn6081_2

イラスト作品が館内で

展示されているのは

改めてゆっくり

鑑賞させて頂く事に。。。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

春への芽

月訓カレンダーの如月から一言 「雪の下 新たな命が春を待つ」 

   "春を待つ芽には 冬を耐え忍ぶ力強さがあり、

       私たちも見習いたいもの、 ほら 春は もうすぐそこ。"

早朝愛犬と散歩の終わり 雑多な裏庭に引っ張られ しぷしぶ

足を踏み入れた片隅に水仙の芽が~((+_+))。   春を待つ

スタンバイ充分ですとばかり 花の蕾が膨らんでおりました。

Photo_2
良い年でありますように と新年を迎えたのは つぃ この前の

ようで・・・うぅぅぅぅ 早くも 申年の睦月は過去へと・・・(´・ω・`)。

同じ分刻みの24時間、スピードアップと感じるのは歳のせい?。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »