« 真冬の中 | トップページ | 木の楽器 »

2017年2月 5日 (日)

対談を聞いて

市立美術館で開催されている画家さんの足跡を振り返りながら
親交の深かった新聞社 会長氏と 息子さんとの対談を拝聴 
した後、「~彩と玄のあいだ~」 作品鑑賞に出掛ける。
息子さんから自宅アトリエで制作されている様子の画像ゃ
お父様の思い出話の中で、霧ゃ闇の向こうで何かが見える
「玄」を追求された画業から 画家さんの希望で 墓石には
」玄」 ・・家と刻まれています。と。 
会長氏からは近々あの世に逝ったら お出会し 様子などを
報告しますから と ユーモアを交えながら。。。(^◇^)。
会期中 色のない世界を ゆっくり鑑賞に行こ~っと(*^^)v。

|

« 真冬の中 | トップページ | 木の楽器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139481/69502463

この記事へのトラックバック一覧です: 対談を聞いて:

« 真冬の中 | トップページ | 木の楽器 »