2017年10月16日 (月)

童謡・唱歌展

10月23日~11月2日までの会期、市立美術館に於いて

「原田泰治が描く 日本の童謡・唱歌展」が開催されており
初日オープニングの後 「日本の近代化と童謡・唱歌の歩み」の
お話を、次の土曜日はみんなで歌おう「私の好きな童謡・唱歌」
昨日の日曜日は 諏訪湖近くのアトリエから画家ご本人様を
迎え、ギラリートークとDscn7965
サイン会のイベントに
参加し 良かったぁ~。
作品に登場する人物には
目鼻ゃ表情が描かれてなく
見る人が自分の想いを
投影しながら鑑賞
して下さい。と。
質問タイムには市外の遠くからも見えられた様子で 愛好家の熱心さと画家さんの優しい返答に大きな拍手となり。(^◇^)
次回イベントの最終日は 「ハモリベ=男性ディオ」を迎えての
「ミュージアムコンサート」も楽しみ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

スケッチに

美術講座二回目は駅改札出口集合、北野界隈をスケッチし

アトリエで油彩画に・・・。 で 観光客の中に混じり お店を覗き

異人館をキョロキョロ、観光気分で木陰のベンチに座り込む。

今日の目的は!! と自分にはっぱをかけ、次回に進めるべしと

スケッチを取りあえず "(-""-)" 描く。

Dscn2828_5

神戸在住の頃 山本地区は仕事で度々足を運び、眺めている

景色であったが、当地はバリのモンマルト地区と九年前に

友好提携を結んでいる事を知る。    油彩画を目的に受講

されている方々、年齢住まいは知りえなくともまた新しい出会い

があり 楽しみでもある。(^◇^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

研修?旅行

国際交流協会からのお誘いを受け「インカ・マヤ展」「花鳥園」への

Photo バスの旅に参加する。 

市立博物館でのアステカ文明と

常設展示などの鑑賞に二時間 後

南京町に移動し お喋りしながらの昼食と

長ーーい列に並ぶことなく、元祖豚マンをお土産に買い

午後の研修?は広大な敷地の中で沢山の鳥ゃ花に目が釘付け!

博物館内でのアステカ文明の中でアステカ人の死生観には

背筋が寒くなるようなドキドキ感で ドビャー!目と足が釘付け!。

姉妹都市・姉妹港・友好港など世界各地のスタンプを頂いて来る

  ” 国際交流の輪 ” (  ゚Д゚)ノ  晩秋の1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

公開講座

「アラビアより愛をこめて」のお題で国際文化研究センター所長さんの

合同講座が音響効果抜群の 田園ホールであり出席する。

世界人口66億人の内 5分の1の13億人がイスラム教徒で

その3分の1以上がアジアに住んでられるそうな。

「神のおぼしめしに従って 貴方の上に"さら~む"(平和)を」 が

日常の挨拶らしく 「ゆとり」 と 「くつろぎ」から 「りくつ」 抜きで

~ゆとろぎ~ の時間を持つ為には、

学ぶ・ボーと休む・家族ゃ友人と過ごす・瞑想する・客をもてなす・

 旅をし歩く・詩ゃ歌を作る・話しをする・・・などなど・・・

人生を送る中で その"ゆとろぎ"の時間をたくさん持つ事が大切で

穏やかに平和を願いながら過ごされてる アラビアの日常を知り

ニュースとは異なるイスラム文化と共に学ぶ事ができたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

孫と共に

世間的には敬老の日 孫家族と共に「ちびっこカーニバル」の

Photo 県民芸術劇場鑑賞に出かける。

歌で世界一周旅行・楽しい二重唱・など

オペラ歌手の声で

みんなで歌おう、遊ぼうと ホーキーボーキー・ラクカラーチャなど

楽しく振り付けしながら 関西二期会の歌のお兄さん・お姉さんから

身近にオペラを聞く機会となったのですが、まだ幼児の孫へは

情操教育とはならなかったようで、二泊三日の滞在を終え雨の中

西に向けて帰って行ったのでした。台風が去ったような~(  ゚ー゚)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

文化力

全国区に広まった第18回アマチュアビデオコンテストが

__192 今年は音響ゃ映写設備の整った

田園交響ホールであり

60本の中からノミネートされた10本の

グランプリ部門を拝見したのでした。

映画監督の審査委員長含め五人の方々の批評も含め

何を見て・何を感じ・何を伝えたいか。  大会テーマーの

「生きるって素晴らしい」 が レンズを通してそれぞれの作品に

表現されてるのに感銘を受けたのでした。その中で高校放送部の

「明日に挑戦」のテーマーに参加され 音楽活動を通じ多くの人々に

盲導犬の理解を広め、主人公の懸命な思いを伝えられた

”理解ってほしい” に ビデオ大賞が選ばれたのでした。

高校生のナレーションがバックミュージックと共に心地よく、又

中学二年生が始めてのビデオに挑戦されたとは思えない作品にも

感心したのでした。 アマチュアとは思えない、八分間のドラマ作品に

作者の文化力が凝縮されたようで とても素晴らしいでした。 (。_。)

作品の放映はインターネットで入賞作品を配信されるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月30日 (木)

公開講座

16回目の森大学閉講式の前に、今年度最後の公開講座

 絵本作家の永田 萌さん と 森大学学長 河合雅雄さんの

 「子どもたちに夢を」 と題しての対談を拝聴することが出来ました。

アンデルセンの中から「マッチ売りの少女」の自作絵本を

大きなスクリーンの画像とすばらしいお声で永田さんの朗読付き

その後の対談でのお話しも聞き応えありました。 学長の

地球時間を過ごすのではなく  人間時間を大切に・・・

次の時代を背負ってくれる子供たち  じっくり子供時間を

過ごさせてやれるように との お話しが心に残ったのでした。

大きな森公苑ホールの舞台   森のグリーン色を背景に

机の上には素敵な花が飾られ 誠に絵になるお二人の対談様子を

画像に残したくて・・・報道のための撮影とは後で気がついたのですが

撮られてたので 良いかと 思い 私メも一枚パチリ! 

即 スタッフの方が横に来られ 撮影は禁止です!!デシカメですか 

今すぐに消してください! と怒られてしもうたわぃ (σ ゚Д゚)σアチャァー!!

森大学公開講座の後 閉校式があり

1104号(人目?)の終了証書を頂き 霜月は終わりです。 (^_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

寄り道

文化の日の記念講演会に行く機会を通り過ごしてしまったので

雨日和でもあり、今日こそは と お気に入りの美術館に寄り道です。

油絵・水彩・版画など約80点余りを 画業をたどりながら

没後50年目の マリー・ローランサン展に・・・

入り口の受付 嬢が "四階の右側から左の部屋に進み 三階へと

進んで下さい、とてもすばらしいですから" との事

へそ曲がりの私メ 3階の反対から・・・ (^_-) 

「追憶と静謐の内に生涯を閉じた」 とのコメント記を読みながら

静謐の意味はなんとなく なんですが"謐"はなんと読むのですかと

部屋で監視? されてる方にお聞きすると  さてねぇー 

私も知りたいので聞いてきます と 受付に・・ 

これは やばい! (^_-) と 進められたように4階へ・・(^_-)

ローズ色とグレーのバステル調のやさしい色彩の中に、繊細で

詩情豊かな 独特な感情表現の絵画鑑賞でした。

__126 ローランサンの詩

 贈り物・・・あなたがほしければあげましょう  

       私の朝を 

       私の快活な朝を

       あなたのすきな 私の明るい髪のすべてと共に・・・ 

自画像を拝見に 再び寄り道してみたいと思います。 (^^♪  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

学びと生きがい

先日のブロック大会に続き 中央大会への作品展に参加です

__122 総勢660名、各地から市役所のバスにて・・・。

県下から155点の力作に刺激を受けてきました。

キーワードは 「継続」 なり! 

わかっちゃいるけどなぁ~~(^_-)

新たな事に興味ゃ感心を向け 挑戦し 学び続ける

活力と元気あふれるみなさん 本当にすばらしい・・

期待してます・・ と 県知事さんの言葉。

テーマ 「学びと生きがい」高齢者の主張八人様の発表に感服なり! 

__123 午後は住職の記念講演でした。

 ふかくこの生を愛すべし。 

 かえりみて己を知るべし。

 学芸をもって性を養うべし。 日々新面目あるべし。

「老いの入舞」 とは・・・の解説の後に   

  ”人生の最後に輝くものを残して下さい ” 

一番心に残った言葉  今日の足跡記とす!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

食文化の楽しみ

人と自然と文化の調和した地域作りをめざし

多彩な地域資源を活かした 食文化の再発見に 

興味シンシン? で 五回講座の内 今日は 

当地域にお住まいの 韓国語講師から 暮らしぶりの

お話しに続き 家庭料理を一緒に作ろう と  

__106 ”ビビンバ & チジミ & トック” を

教えて頂きながら 出来上がり後 

ボリュームたっぷりの試食で 

__107 チジミまでお腹にオサマラズ

お持ち帰りさせてもらいました 

(^_-)-☆

アチャラ語の解説付き袋に入ったチジミ用の粉と本場手作りのキムチを

譲って頂いたので 我が家で幾度か復習しなければ・・・

自分が満腹だと 夕食はビールの肴にチジミのお土産があり、

   お茶漬けでよし! と! (^_-)-☆ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧